新築

リフォーム

熱い仲間です

シオミホームイングはつくっている職人が違います



リフォーム

きれい!あらビックリ!のリフォーム実例集

株式会社シオミホームイング高知メンバーのブログです

おかやまの仲間 ブログ

潟Vオミホームイングの高知男児たちのブログです

代表 塩見泰一郎のブログです

ビーフリー 高知

お客様の笑顔とメッセージはこちらから

お客様の笑顔とメッセージはこちらから

シオミの 動 画 集

会社概要

採用情報


メールでもお問合せ

まずはクリック!!







UP

□岡山エリアのお家づくり情報□










当日はこのスタッフがご対応させて頂きます



















私達の使命は


vxcご家族安心して, 幸せに暮らせる家造り

sdhfgshegfyswgfhgsjhgefskheifjloirshflawuehfluwhasdasdeliufhwlaieuf
asasdtghrsgfszefdrstgrerafvweafrthdtyhtdygbszxsdrfesgtradrgfvh
のお手伝いをすることです




私がまだ2〜3才ぐらいのこの頃、

ある病院の敷地の一隅に母と私の2人の生活がありました。

母がこの病院の看護婦だったことから、ここでの間借り生活ができたのでした。

そこは住まいといえども物置同然の四畳半程の狭い部屋で、

光がかすかに入る程度のほんの小さな窓が一つあるだけの、

正に、親子が寄り添いながら生きるにちょうど、と言った具合の一間でした。


本来、私達家族は4人の筈だったのですが、

この頃はなぜか母と私の2人だけでした。

父と、私より3才上の姉の姿がありません。

父は私達がこの病院に移り住む時にはすでに私の記憶に存在せず、

姉にしては、後で分かったのですが、土佐市の叔父の家に

預けられていたからだったのです。

始めは姉も一緒だったそうですが、その頃の貧困と、

幼い姉と私の育児や周囲への気疲れのため、母は大変のようでした。

毎朝の出勤は幼い2人を残し、特にじっとしていない姉をひもで繋ぎ、

泣きじゃくる声を聞きながら出た母だそうです。


そうしたことから、私ではなく、預けられることとなった姉は、

叔父の家で小学校入学を迎えておりました。

姉に対しては、親子の絆より、まず今を生きることを

選択しなればならなかった悲劇の母を、

結局、悲しみと後悔の毎日が待っていただけだったのでした。

薄暗い部屋の片隅で肩を震わし、泣いていたこの頃の母の後ろ姿を

私はよく覚えています。



「冬来たりなば、春遠からじ」とよく言ったものです。



やがて2年が過ぎ、姉をつれ戻すこと、

唯一それだけの真剣な願いが通じたのでしょうか、

晴れて3人が一緒に住める新しい住まいが見つかったのです。

そこは母子寮と言われるところでした。

私達と同じ父親のいない数多い家族の共同生活の場でした。

私は、今でもあの感動の瞬間を忘れる事は出来ません。

五台山の大島ア神社の大鳥居の下をくぐり、母の手に引かれるようにして

元気に姉が帰って来た日ことを。

そして、その時の、姉の真新しい靴が白かったことも・・・。


こんな過去を振り返りながら思うのです。

子育ては本当に大変です。

しかし不遇な子供が尚大変だと思いませんか。

壁一枚隔てたアパートで隣に気を使いながら生活しているお父さん、お母さん、

子供が騒がしい時、そうしたくもないのに叱ったり、叩いたり、ありませんか。

そんな時、子供と一緒につい泣いてしまいそうですね、

本当は子供も伸び伸び育つ、遠慮もいらない自分たちの家が、

ほしいと思っている筈です。


私は母への恩返しも込めて、この業界のこれまでの古い常識を打ち破り、

安くて誰でも持てる家づくりこそ天命と定め、

この地域の太陽となって行くことを誓います。

そしてこの太陽の光を浴びて

多くの人が幸せになることを願っていきたいと思っています。

 




家造り成功のヒントをお教えします




    @つばめの巣づくりから学ぶもの


必ず春になるとつばめは南の空から飛んできて、毎年同じ場所に


巣を作ります。あたかも決められた宇宙の法則のように


卵を産み、無事ヒナとなります。そしてヒナは、元気に巣の中で育っていきます。


その間、庭の親つばめは、せっせと餌をそのヒナのために運び続けます。


途中色々な危険な目にあいながらも体を張ってヒナを守り抜くのです。


そうして数日がたち、ヒナは立派な若鶏に成長し、巣立っていってしまいます。


そして、とうとう親の勤めはその時終わりとなるのです。


後には役目を終えた誰もいない巣だけが残ります。                                       


けれどまた次の春がやってきて新しい家族でまたにぎわいます。                               


巣はずっとそれを見続けているのです。




   
    Aあの大平原にいるチーターから学ぶもの



チーターの子どもたちが育っていくまでに両親としての役割分担があります。


母親は狩を雌の子どもたちに教えます。                                              


父親は雄の子どもたちに家族を守ることを教えます。                                      


子どもたちが社会に出て一人前に生きられるように教育するのです。                            


私達は熱心に教えるその姿に親の深い愛情を感じます。


叱られたり、褒められたり、家族のスキンシップがとても大切に見えます。


チーター一家にとってその大平原が家庭であり、生活する家そのものでしょう。


そして彼らにとって味わった家族の温もりや愛情は忘れることなく


やがて逞しいチーターを育てることになっていく事でしょう。




     B人間、 故の失敗

  〜あなたの家こそあなたの家族〜



最初、私達は家づくりを何気ない新築へのあこがれから始めます。


あこがれは時には現実を覆い隠したりします。                                          


無理な高望みが悲劇を招くこともあります。


実は家造りは、幸せづくりの第一歩なのです。   あなたはどうですか。


愛する家族と、子どもたちと一緒に住みたいと誰もがそう希望しています。


そして幸せな生活を夢見ております。                                                


家を建てて生活し始めてから、この家でよかったね。                                      


と、いえる毎日でありたいと思いませんか。



 ちびまる子ちゃんはちびまる子ちゃんの家庭があり、サザエさんはサザエさんの家庭があり、


星飛馬には星飛馬のそれぞれ違った家庭があります。


しかし、私達は、そこに幸せづくりの大変重要なメッセージがあることに気付くべきなのです。


それは古くからある日本の家庭のあり方です。                                          


家族同士のコミュニケーションや、思いやりや、安らげる開放感や、                             


そして、通じ合い感がそれなのです。


家族が家族らしく伸び伸びできる家造り、                                              


素朴で小さくてもいいじゃないですか、


家族の心が通い合えば。何も高価なものをつくることが家づくりではありません。


また、見栄や合理性のみに目が行き、本当の幸せの為を忘れていては何もなりません。


あなたにとって家つくりで一番大切なものはなんですか。                                    


それをいつも忘れないで頂きたい。


それができれば、家づくりは成功に一歩近づいたと言えるでしょう。


私達は応援させてもらいます。



sdfsdfsdfsdfsdfsdfsdfssdfsdfsfメールのお問い合わせ、ご質問は




sdfsdfsdfsdfsdfsdfsdfsdsfdffsdfsdfsdfsdfsdf トップ





   プライバシーポリシー
 

熱血工事進行中
   リフォームもやってます!

スタッフ紹介      リフォーム実例集

職人紹介    新築・家づくりお手伝いします!

     お客様の声(岡山)   お客様の声(高知)

会社概要    イベント紹介   リクルート情報

社長ブログ     岡山スタッフブログ

女子スタッフブログ    高知男子スタッフブログ

 シオミホームイングYOUTUBE  問い合わせ